幻の国産スーパーカー  ガルウィングのマツダRX500 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

幻の国産スーパーカー  ガルウィングのマツダRX500

1218200985.jpg

国産スーパーカーの元祖と言えば、童夢-零を思い浮かべる方が多いと思いますが、マツダRX500という
モデルはご存知ですか?

マツダ創立50周年を記念して作られた、ジャパニーズ・スーパーカーで、かなり斬新で最先端なデザインの車です。
ドアなんてガルウィング(正式にはバタフライウィングドア)ですよ。

この車が世にお披露目されたのは何と1970年の東京モーターショー。
跳ね上げ式のドアといえばランボルギーニ・カウンタックが有名ですが、カウンタックの発表は1971年。
カウンタックよりも先なんですね~。さすが「デザインのマツダ」です。

エンジンはレース用にチューニングされた、10Aロータリー。ミッドシップに搭載されています。250馬力ですよ。

かなり本気度の高い一台にですが、残念ながらRX500は量産にはこぎつけず、市販はされませんでした。
結局、試作車のこの一台でお蔵入りとなってしまった幻のスーパーカーです。

ボディカラーは当初、マツダのイメージカラーのグリーン、そしてイエロー、シルバーへと塗り直されています。

file.jpg

マツダグリーン最高ですね。言われなければ絶対日本車だとは思わないです。

D17-020-680x656.jpg

イエローも超格好良いですね~。

IMG_5172-680x400.jpg

こちらはリアデザイン。強烈ですねぇ。一度見たら忘れられません。
バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンみたいですね。
でもジウジアーロデザインのデロリアンDMC-12が登場したのは1981年ですからRX500のほうが10年以上早いですね。

IMG_5202-680x453.jpg

この角度、FORD GTみたいと思ったのは私だけではないはず・・・。発表当時(グリーンやイエローボディーの頃)はリトラクタブルライト(ダミーですが)でしたが、後に埋込み式に変更されました。

あらためてマツダのデザイン力に感心いたしました。
今のマツダから、とびっきりカッコいい次期ロータリースポーツ車の登場を期待ましょう。


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4634-3a1cf451