元祖!!伝説の国産スーパーカー 童夢-零 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

元祖!!伝説の国産スーパーカー 童夢-零

dome-zero.jpg

当時、世の中はスーパーカーブーム真っ只なか。
そんな中、世界のスーパーカーたちに対抗すべく、開発された夢のスーパーカーが童夢-零である。

童夢といえば、現在もフォーミュラやスポーツカーをはじめとするレーシングカーを開発し、スーパーGTなどに参戦し活躍されているメーカーですね。

「童夢-零」が初めて人々の前にその姿を現したのは1978年春のジュネーブ・モーター・ショー。
その先進的なデザインはたちまち脚光を浴び、「童夢」の名前を世界中に広めることになりました。

開発を主導したのは代表を務めていた、日本のレーシングカーコンストラクターの父である林みのる氏。
さらにムーンクラフトの由来拓也氏などもかかわるなど、日本のレーシングカー技術が結集した集大成です。

ちなみにエンジンは、スーパーカーらしくミドシップ・マウント。日産製L型SOHC直列6気筒2800cc!! ・・・???
そうなんですね。エンジンは正直それ程でもなかったんですね。
そんなことは二の次です。まずは格好良ければいいのです。

ジュネーブ・モーター・ショーに出展された童夢-零は高い評価を得て、世界の富豪からのオーダーもあったそうです。

しかし1970年代といえば、数々の規制があった時代。
当時の運輸省からはまったく相手にされず、国内での認可は断念してしまいました。
それではと、規制が緩いアメリカでの認可を目指して逆輸入すべく、現地法人まで作り、P-2へと進化。
アメリカではかなりテスト&開発が進められましたが、結局許認可の問題というよりも性能が確保できず、計画は頓挫してしまいました。

webcartop_08-27-680x566.jpg

零、P-2ともにレストアされたものが現存していて、各地の旧車ショーなどで見かける機会があります。
日本のスーパーカーの夢の跡といったところですね。感慨深いです。

webcartop_01-37-680x490.jpg

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4633-6f8916d8