1780万円の 国産スペシャリティカーオーテック・ザガート・ステルビオ 1989年 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1780万円の 国産スペシャリティカーオーテック・ザガート・ステルビオ 1989年

2016_06_14_Zagato_Stelvio_001.jpg

オーテック・ザガートステルビオという車ご存知ですか。
日産自動車の子会社であるオーテック・ジャパンとイタリアのカロッツエリア・ザガートがタッグを組み、車体を日本で作り、ボディと内装をイタリアで仕上げるという複雑な工程を経て日本に輸入された、バブル期ならではの贅沢モデルです。

発売は1989年。生産台数は200台+プロトタイプ3台で、日本では100台限定で販売されました。
当時トヨタの最高級車であるセンチュリーの、最高級グレードが758万円だった時代に、お値段は何とも強気の1780万円。
メルセデスベンツの最高峰560SECでも1465万円だったので、それよりも高かったんです。
バブルですね。

119.jpg

基本は2代目のレパードをベースに、アルミ製ボディとカーボンボンネットが乗っかってます。
内装もインパネとセンターコンソールは基本的にレパードとの共用部品。
全面本革&ベロア張りが施され、助手席から中央にかけて、上部は形状も微妙に変更されております。

160I7868-680x453.jpg

特徴的なにはボディ一体型のサイドミラー。
ボディにフェンダーミラーを内蔵するイメージでデザイン発注されたそうです。
ボディはザガートの職人によるたたき出しで、金型プレスでは再現できない滑らかなシルエットです。
日本車にはないセンスですね。

バブル期を象徴する一台です。

ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4613-71807269