生産台数わずか51台、古き良きアメ車 幻の名車「タッカー」 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

生産台数わずか51台、古き良きアメ車 幻の名車「タッカー」

flont_rightb.jpg

皆さん「タッカー」というクルマをご存知ですか?
これぞまさに古き良きアメ車って感じのクルマです。
しかし、この「タッカー」は、古き良きアメリカ車のなかでも、特に先鋭的なコンセプトに基づいて製作された特別なクルマなんですよ。
生産台数はわずか51台。
こんなに格好良いのに何故51台しか作られなかったのでしょうか。そんな悲運な運命をたどった歴史を少し紐解いてみます。

4755a33f87bffa34a99c1d14e050bba6.jpg

「タッカー」は、フランシス・フォード・コッポラが監督をつとめた1988年公開の映画『タッカー』のモデルとなったプレストン・トーマス・タッカー氏によって考案されました。
幼い頃からクルマが好きだったタッカー氏は、自動車のセールスマンやデザイナーを経験した後、自らシカゴにベンチャー企業「タッカー社」を設立。
そして1946年、ベンチャー企業を支援する米国政府の施策によってシカゴ市内にある軍需工場跡を借りることに成功すると、「理想の自動車を作り、大量生産をする」というタッカー氏の夢が走り出したのです。

1947年のプロトタイプの製作と発表会を経て登場した「タッカー」は、画期的な仕掛けを満載したクルマでした。
デザインも抜群ですが、水平対向の6気筒エンジンをリヤに搭載。これは、当時アメリカ初の試みでした。

パワートレインをリヤにまとめたことで生まれたスペースをフルに活用し、室内は6人が乗れる広々としたものとなっています。
その車体を支える4輪独立懸架方式のサスペンションも、これまた、当時アメリカ初の試みでした。

画期的なコンセプトによって作られた「タッカー」は大反響を得ました。・・・が、その後さまざまな事情によってタッカー社は倒産してしまうのです。 結果「タッカー」の生産は、プロトタイプを含めた51台で終わってしまうのでした。

倒産の原因は、悪評の流布による株価暴落、会社設立の際に公正取引委員会に申し込んだローンの却下があったなどといわれていますが、こうした出来事の背後には、「タッカー」を脅威に感じたビッグスリー(フォード、GM、クライスラー)による妨害工作があったとも言われています。ありそうですよね。

editeur_sp_drivet_160_3.jpg

ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4569-9fb44e11