1984年 トランスフォーマー - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1984年 トランスフォーマー

トランスフォーマーといえば今では映画のイメージが強いのですが、もともは日本の玩具会社タカラが1980年から4年ほど販売していた「ダイアクロン」「ミクロマン」が原型になっています。

ミクロマンは知っている方も多いと思いますが、「ダイアクロン」はタカラトミー(当時のタカラ)から1980年から1984年まで発売されていた、オリジナルキャラクター玩具シリーズです。世界で展開している変形ロボット玩具「トランスフォーマー」の起源となったシリーズとして復刻版も販売されています。


トランスフォーマー



トランスフォーマーはロボットが乗り物・日用品・動物などに変形するおもちゃが元になっていますがその後1980年代後半にはアニメ番組・マンガなどになり、2007年からトランスフォーマーの実写版の映画としてハリウッドで制作されました。

映画は現在まで4本上映されています。

トランスフォーマーが世界的な展開をしたのはタカラが1984年アメリカに変身ロボットのおもちゃを輸出する際、アメリカの玩具会社HASBROと提携して『THE TRANSFORMERS』と名称を変更し世界観も統一しました。

翌1985年に日本にも逆輸入され、現在も様々なジャンルでシリーズは継続しています。

『ビーストウォーズ』もトランスフォーマーのシリーズになります。

ストーリー的にはロボットタイプの生命体が地球を舞台に正義の「サイバトロン(AUTOBOTS)」と悪の「デストロン(DECEPTICONS)」に分かれています。

ストーリーは単純な正義と悪の戦いになりますが特徴的なのが、る宇宙人であるトランスフォーマーが、地球に居るために普通はロボットの姿ですが車やトラック、バイクなどに変身して変形(トランスフォーム)することができます。





ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4521-ce62bffa