1978年 ブルース・リーの死亡遊戯 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1978年 ブルース・リーの死亡遊戯

燃えよドラゴンが世界中で大ヒットした事を知らずになくなったブルース・リー。

ブルース・リーはいなくなりましたが燃えよドラゴンの大ヒットで過去の主演作品などが上映されていました。

この死亡遊戯はブルース・リーが亡くなったため未完だったフィルムを基に、ブルース・リーのそっくりさんをを使って「燃えよドラゴン」の監督R・クローズが新たに撮り足したシーンと、ブルース・リーの他の映画で使われたもしくは使われなかったフィルムを合わせて編集した1本の映画にしています。


死亡遊戯




物語は組織の意のままになる事を拒んだ映画スターと組織との闘いというストーリーになっていますが、主人公が襲われて死んだということにして葬式をおこないますが、その葬式シーンはブルース・リーの香港で実際におこなわれた葬式を撮影して(もしくは撮影されたフイルム)を使っています。

有名な五重塔での主要な戦闘シーンはほとんど撮影されており、その場面はすばらしいのですがそっくりさんが出演しているシーンはちょっとコントのような雰囲気。

貴重なフイルムがあったので作成されたと思いますが、個人的にはドキュメンタリーでも良かったのではと思います。

















ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4510-55599486