1994年 SONY ウォークマン誕生15周年記念モデル WM-EX1 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1994年 SONY ウォークマン誕生15周年記念モデル WM-EX1

CDの国内生産枚数が過去最高を記録した1990年代。

初代のカセットウォークマンが販売されたのは1979年。

それから15年が経った1994年にウォークマン誕生15周年記念モデル WM-EX1は発売されました。

1990年代は大きくメディアが変化した10年です。

CDウォークマンの販売などがありましたが、ポータブル再生機の主流は永らくカセットテープでした。

それが、1990年代初めにMDが発売になり、2000年を迎える直前にMP3が発売されました。

なのでウォークマン誕生15周年記念モデル WM-EX1が発売されたときにはすでにMDが普及しているときでした。


WM-EX1.jpg




ウォークマン誕生15周年記念モデルであるWM-EX1は先程言ったようにMDが普及しカセットテープが低迷している時期に発売されましたが、この年のヘッドホンステレオ市場でシェア15%(15周年記念モデルのためか)という歴史的ヒットを記録しました。

業界初の縦型カセット挿入方式を採用したことにより、テープの出し入れ時にかかる手の負担を軽減し、スムーズにテープ交換ができるようになりました。

便利機能を15周年に因んで15種類を搭載しました。

15の便利な高性能

1.忙しい朝でも素早く2時間分充電「5分急速充電」
2.これまでの一曲分の時間で3曲探せる「25倍高速曲探し」
3.歩きながら聴いても音揺れしにくい「音揺れガードメカ」
4.アルカリ乾電池と充電池併用で「36時間連続再生」
5.聴きたい曲を素早く頭出し「9曲曲探し&ミュージックスキャン」
6.ボーカルや低音域を強調「ボーカルアップ機能EX D.B.B.回路」
7.胸ポケットにすっぽり入る「20mm薄型サイズ」
8.思わぬ誤動作をしっかり防止「薄型ホールドシャッター」
9.好きな曲を何度でも繰り返し聴ける「曲覚え一曲リピート」
10.薄くて丈夫なボディ「マグネシウム配合高強度アルミ合金」
11.動作状態を一目でチェック「電池交換お知らせ液晶リモコン」
12.取り付け場所が自在に選べる「ワニグチクリップ付きリモコン」
13.強く絡みにくいコード採用「音漏れ減少ハイグレヘッドホン」
14.耳にやさしい音にする「快適音量スイッチ(A.V.L.S)」
15.ワンプッシュでカセットがポンと飛び出す「ワンプッシュ・イジェクト」

36時間再生はマンガン電池8時間、アルカリ電池25時間(単三乾電池)12時間(充電式電池)36時間(アルカリ乾電池+充電池兼用)という内容です。

カセット蓋の入り口が一目でわかるよう、クロームメッキで処理したオープンロッカーや矢印をモチーフにした逆三角形のテープ窓などをカセット挿入口に集中させ、アイキャッチ効果を狙いました。

外形寸法:79.7×111.8×21.1(幅×高さ×奥行)mm

重量(充電池含む):184g


WM-EX11.jpg

ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4455-e3569b91