1965年 サンスター アーム筆入 「象が踏んでも~」 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1965年 サンスター アーム筆入 「象が踏んでも~」

アーム筆入は1965年(昭和40年)に発売されました。

イメージ的にはそれよりもちょっと後のような気もしますが発売から2年後よりテレビCMを開始していますので、そのせいかもしれません。

そのCMのインパクトがものすごくて「象がのっても壊れない」といって実際に象が踏んでいるのに壊れていないというCMでした。

それと同時に日本中の子供たちの話題を独占し、以来販売本数は増え続け、5~6年後には500万本を販売する商品に成長。

とにかくみんな使っていました。

CMで使われた「象が踏んでもこわれない…」のキャッチコピーは学校内だけでなく、大人の世界でも注目され、社会現象となる。

アーム筆入は1965年(昭和40年)に発売され、2年後よりTV宣伝を開始。
それと同時に日本中の子供たちの話題を独占し、以来販売本数は増え続け、5~6年後には500万本を販売する商品に成長。

CMで使われた「象が踏んでもこわれない…」のキャッチコピーは学校内だけでなく、大人の世界でも注目され、社会現象となる。

サンスター文具株式会社『象が踏んでも壊れない』のキャッチコピーで一世を風靡したあ­の筆入のテレビCMです。




このアーム筆入は本当に壊れないのか”と、筆箱に飛び乗る子供がたくさんいました。

あまりに激しく力をかけて壊れてしまうこともあり、誰の得にもならない結果になることもありました。

自分のものであればいいのですが、友達のアーム筆入を壊したときは気まずかったです。

ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4381-c0306023