1981年 レーザーディスク・プレーヤー LD-1000(パイオニア) - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1981年 レーザーディスク・プレーヤー LD-1000(パイオニア)

1981年(昭和56年)10月 第1号機LD-1000を発売。

当時の価格は228.000円。

画像の美しさ、ハイファイサウンドの優れた再生能力に、予約注文が殺到、発売後最初の3日間で総出荷台数が2,300台を数えた。

2608283.jpg

レコードプレーヤーのように蓋を上に開けてディスクをセットして再生するタイプです。

その後の今では当り前になったフロントローディングを最初に採用した機種はLD-7000になります。

当時、電器店でデモを見た時はテレビ放送よりも綺麗な画質に驚きました。

また、レーザーディスクレコードと同じようなサイズでCDとは比べ物にならないくらい迫力がありました。

ソフトもそれ程発売されませんでしたがVHSなどのテープで映画を見ていた人は、どんどんレーザーディスクに移行したように思います。

レーザーディスクは光学式ディスクに記録されたアナログの映像/音声をレーザーピックアップで読み取るという仕組み(のちに音声はデジタル方式も利用可能になった)。

1980年代半ばには、レーザーディスクプレーヤーと、AVアンプ(当時はドルビーデジタルではなく、ドルビーサラウンド)、ブラウン管タイプの大画面テレビなどが登場し、第1次ホームシアターブームが巻き起こった。

そのレーザーディスクも2009年にはプレーヤーも生産中止になり、パイオニアもオーディオの部門を売却しました。
一時は映像で確固たる地位を占めたレーザーディスクもDVDやBD(ブルーレイディスク)などの新たなメディアが市場に定着する中、シェアを落としていった。

2608285.jpg

最後のレーザーディスクプレーヤーになるであろう「DVL-919」(DVDとのコンパチ機)。98年10月に発売されている


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4317-496d3803