1977年 地上最強の美女!バイオニック・ジェミー - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1977年 地上最強の美女!バイオニック・ジェミー

1977年に日本で放送された地上最強の美女!バイオニック・ジェミーはアメリカでの放送は1976年。

地上最強の美女!バイオニック・ジェミーはもともと独立した作品ではなくスピンオフ作品になります。

2015122716365269d.jpg


元になったのは「600万ドルの男」

600万ドルの男は1972年に2時間ドラマとして放映され人気が出たのでテレビシリーズになります。

日本でも放送されていますが600万ドルの男ではなく、サイボーグ危機一髪の題名で覚えている方も多いと思います。

日本での放送は1974年から。

元宇宙飛行士スティーブ・オースチンはテスト飛行の事故で一命を取り留めたものの片目を失い右腕、両足は付随になってしまいます。

NASAのスタッフによりバイオニックを受けてサイボーグとして復活します。

特殊能力を駆使してアメリカ政府の秘密情報機関OSIの工作員として活躍します。

その中から「地上最強の美女!バイオニック・ジェミー」はスピンオフ作品として作られていきます。

スティーブ・オースティンとジェミーは高校の時の同級生。

再開した二人はつきあうことになり婚約します。

デートでスカイダイビングをしているときにジェミーのパラシュートがおかしくなり、地上に激突して瀕死の重傷をおいます。

生死の境をさまようことになるジェミーを救うため、婚約者であるスティーブ・オースティン大佐は、自分が所属するOSIに対して彼女に自分と同じバイオニック移植手術をするように頼み込みました。

ちなみにスティーブ・オースティンの手術代は600万ドルなので当時のレートで20億円くらい。

当然ジェミーのバイオニック移植手術にも同じような金額がかかります。

周囲は大反対しますがスティーブ・オースティンは押し通します。

両足、右腕、右耳をバイオニック移植手術により強化されたジェミーは走る速さは時速100km、1トンの重さを持ち上げることで可能で、どんな小さな音も聞くことができるようになります。

手術でサイボーグ化されたことはあまり悩まずにいましたが、移植の拒絶反応のために死んでしまいます。

スティーブは悲観に暮れていなくなりますが、その後最新の蘇生手術を下結果生き返ります。

しかし、スティーブのことを含めて全ての記憶を失ってしまう。

しかしジェイミーは、自分を救ったOSIと世界の平和のためにバイオニック・パワーを使って、活躍していきます。





アレイズ 札幌店 0120-19-6228   

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4205-e09762af