1989年 Mac SE/30 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1989年 Mac SE/30

1989年にアップルから Mac SE/30が販売されました。

一体型のモノクロコンパクトマックです。

歴代Macの中でも人気では上位に位置する名機です。

初代Macの後継は、Mac Plusは発売されました。

その後継としてSEが販売。

そSEの上位機種として販売されたのがSE/30になります。



se30.jpg




SE/30はその小さな筐体の中に当時の最高の技術を凝縮した1台です。

SEのコンパクトなボディーに当時最強の68030 16MHzを搭載、データバスも68000の16ビットの2倍となる32ビットとなりました。

単純に考えてSEと比較して4倍近い処理速度の向上になります。

メモリースロット8基、さらにFPU、030PDSを標準搭載。

さらにキーボードやマウスを接続するための新たなインターフェースとしてADB(AppleDesktopBus)を搭載し、SE/30以降のMacに引き継がれていきました。

販売当時の価格は

フロッピーモデル SE/30 2/FD \498,000

40MBのハードディスクモデル SE/30 2/40 \598,000

80MBのハードディスクモデル SE/30 4/80 \748,000

と当時としては非常高価なコンピューターになります。

SE/30は現行として販売されていた時から人気がありました。

そして、販売が終了して次の機種が販売されるときに処分価格として80MBのハードディスクモデルが約半額でパソコン専門店で販売されました。

半額でも高価でしたがあっという間に完売になりました。




アレイズ 札幌店 0120-19-6228   

ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4196-10518541