1983年 トヨタ カローラ レビン/トレノ - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1983年 トヨタ カローラ レビン/トレノ

1980年代はターボエンジンの登場により、小排気量の1600ccなどのエンジンにターボを搭載したFF車が数多く登場した。

先進性や利便性を追求した新メカニズムの取り入れが日本車の主流でした。

漫画の「頭文字D」でいまだに人気のある86レビンやトレノが当時も大人気でした。

201504171329439ee.jpg



86レビンやトレノはFFではなく頑なにFR路線を継承したカローラシリーズのスポーツモデルになります。

スタイルは3ドアハッチバックと2ドアノッチバックがあり角目のヘットライトとパカパカしたリトラクタイプでレビンとトレノが分かれていて、その他は殆ど共通でした。

Cd値=0.35を誇る空力ボディと新開発された1.6リッターエンジンを搭載。

シャシーまでもがカローラとは別物でした。

実際、カローラの名前はいりませんでした。

サスペンションは前がストラット、後ろがリジットアクスル。

搭載されているエンジンは4A-G。

130PSと15.2kgmの性能で軽量化された車重との組み合わせでライトウエイトFRらしい軽快な走りが出来ました。

グレードにもよりますが、シートもホールド性の高いバケットタイプを装備したものもありました。

北国だけですが当時はスパイクが普通に使用できたので、マカロニ状のスパイクを使用して、お手軽にドリフトが楽しめました。

中には町中でドリフトする人もいて大迷惑でした。

インパネはセリかXX同様のデジタルメーターでした。

改造する人も多かったと思いますが、ノーマルのブレーキパットだと峠などで使用しすぎてブレーキ廻りからもうもうと煙が出るぐらいに熱くなって効かなくなるようなこともありました。

札幌周辺ではローカルな話ですが支笏湖や手稲山などで一番よく見かけた車種になります。




査定をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい!
ご自宅又はご指定の場所へ出張買取致します。その場で現金買取!

アレイズ 札幌店 0120-19-6228   

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4149-450bc160