1989年 日産 スカイライン GT-R32 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1989年 日産 スカイライン GT-R32

Yahooのニュースで見ましたが20年以上前の日産 スカイライン GT-R32の中古車価格が急騰して状態の悪いもので80万円台、良好なもので500万円近くの値がつけられていると書いていました。

GT-R32が販売されたのは1989年なので、もう26年前になります

理由はアメリカの「25年ルール」規制があり、アメリカで市販されていない車は25年以上たたないとアメリカの中古車として販売できないと言うことで、アメリカでは日本で購入した金額の2倍以上で売れるようで、これだけのプレミアムになっているようです。

もともとGT-R32が販売されたときの価格はグレードによっても違いますが445万円~になり、その金額で考えると新車時と変わらない金額で販売されているものもあると言うことです。

その頃に販売されていた車ではGT-R32以外にはあまり考えられないと思います。

GT-R32はGT-Rとしては3代目になります。



GT-R32.jpg


1969年に初代GT-Rが販売され1973年に2代目が販売されたのでGT-R32の販売までには16年の期間があったことになります。

2代目GT-Rは自然吸気の1998cc直列6気筒4バルブDOHCエンジン(S20型)を搭載する後輪駆動(FR)でした。

GT-R32では、2568cc直列6気筒4バルブDOHCエンジンに2基のセラミックス製ツインターボで280馬力を出力するエンジンを搭載。

FRをベースとしつつも、高度な電子制御で前輪:後輪のトルクを0:100~50:50まで可変させるトルクスプリット4WD ATTESA E-TS。

さらに4輪操舵システムのSUPER HICAS。4輪マルチリンクサスペンション

パワフルなエンジンとスムーズな操作性にもまして特筆するのは車重。

乾燥重量で1500Kgをきるのは2568ccのエンジンを持つ車としては驚異的な数値になります。

車としての運動性能で、国内外のレースを席巻する事となる。

1時期はレースのベース者はGT-R以外は考えられないという状態が続きました。

GT-R32は初期型が販売されてから6年あまり販売されていました。

毎年のようにマイナーチェンジや限定車種が販売されていきました。

前期型 1989年5月22日 445.0万円
ニスモ 1990年2月22日 441.0万円
N1      1991年7月19日 430.5万円
中期型 1991年8月20日 451.0万円
後期型 1993年2月3日 454.5万円
Vスペック 1993年2月3日 526.0万円
Vスペック N1 1993年2月3日 430.5万円
VスペックⅡ 1994年2月14日 529.0万円



アレイズ 札幌店 0120-19-6228   


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4131-3ceb9da5