1995年 任天堂 バーチャルボーイ - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1995年 任天堂 バーチャルボーイ

1995年に任天堂から発売されたバーチャルボーイは今考えると時代を先取りしたゲーム機になります。

希望小売価格15,000円。

今ならスマートグラスやビデオグラス ディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイなどの名称で販売されている商品に形は似ています。

ただし大きさはまったく違います。

任天堂のバーチャルボーイは装着するゲーム機ではなく、スタンド装着されたゴーグル型のディスプレイに目を近づけて、のぞき込みながらプレイするゲーム機になります。


バーチャルボーイ3




今の3D程ではありませんが左右の画面に視差による異なる映像を表示させることで立体画面を実現しています。

その大きさや設置方法から持ち運びできるゲーム機ではなく、据え置き型のゲーム機になります。

今では裸眼で3Dが見られる機械として任天堂の3DSや一部のスマートフォンでもありますが、バーチャルボーイの3Dは奥行きや立体感などで性能は上になると思います。

しかしカラーは、より立体感をだすためか黒地に赤で表現されるため、色彩的には寂しい物でした。


バーチャルボーイ2



CPUには32ビットを搭載し、3D機能を楽しめるなど高性能なハードでした。

任天堂も次世代のゲーム機として力を入れ、周辺機器を販売する会社やソフトハウスなどの反応も良かったのですが任天堂でも類を見ない失敗作になりました。

ソフトの本数も少なく、発売してから1年を待たずに生産は終了して処分価格で販売されていました。

バーチャルボーイは商業的には失敗でしたが、ハード的に価格の割にはキチンとしていました。

複雑は単純です。

双眼鏡のような本体の上部にはる眼幅と視力を調整できる2種類のツマミが付いています。

のぞき込む部分にはスポンジのカバーがあり、そのおかげで外部の光を遮断する事ができ、ゲームに集中できるようになっています。

本体前面野下にゲームのカートリッジを入れるカートリッジスロットがあります。

コントローラーは左右に十字ボタンと、左にスタート、セレクト、右にA、Bボタンが配置されていたほかに裏側にもボタンが付いていました。

それをフルに使うソフトがありませんでしたが、複雑な操作も可能でした。


バーチャルボーイ1




通常はA/C電源で動かしますが、単三電池6本で7時間の連続使用が可能でした。

全世界累計出荷台数は77万台


バーチャルボーイ



アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/4053-60e7f828