1983年発売 REV搭載の空冷4ストバイク ホンダ CBR400F - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

1983年発売 REV搭載の空冷4ストバイク ホンダ CBR400F

CBR400Fは、本田技研工業が1983年から1985年にかけて製造・販売していた400CCのオートバイ。

このマシンの大きな特徴は、低速域を確保するための可変バルブ機構を搭載していたことです。


201308311215076bd.jpg

大量吸気・排気を行う高回転域では4バルブとして駆動、低回転域では2バルブとして駆動、
この切替を自動で行う機構「REV」がこのCBRには搭載されておりました。

普段使いとしても当時最強のマシンでした。

1型
CBR400Fは1983年12月20日に発売されました。8500rpmを境に2バルブから4バルブに切り替わる回転数応答型バルブ休止機構「REV」を採用した空冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンは、発売当時クラス最高の58PS/12,300rpmの最高出力と、3.6kg-m/11,000rpmの最大トルクを発生。

車体は角断面パイプダブルクレードルフレームにフロント16インチ、リア18インチのNSコムスターホイールを装備。ブレーキはインボードディスクから一般的なアウターボードとなり、前2枚、後1枚のトリプルディスクとした。またデュアルピストンキャリパーの採用や、よりコンパクトになったTRAC(ブレーキトルク応答型アンチダイブ機構)の採用など、足回りは前モデルから大幅に強化された。また角型ヘッドライト下に大型のオイルクーラーを装備していたのも大きな特徴の一つです。

1984年5月31日には、CBR400Fエンデュランスが発売されました。ハーフフェアリング、アンダーカウル、さらに2灯式ハロゲンヘッドライトを追加したモデルです。さらに7月にはエンデュランスにフルフェアリングを装備した4,000台限定特別仕様車が発売され、通称エンデュランスと呼ばれました。

2型

1985年8月31日には、CBR400F、CBR400Fエンデュランスはマイナーチェンジを行い、2型となりました。ステンレス製集合管マフラーを新たに採用、同時に車体各部の軽量化をはかりアルミ製スイングアーム、アルミ製3本スポークキャストホイールを装備。外装もアンダーカウルを廃止しすっきりとした印象となりました。また、このモデルより、当時盛んだったバイクレースTT-F3を意識したリアカウル一体式シングルシート、ジュラルミン鍛造バックステップを標準装着したCBR400Fフォーミュラ3が追加されました。

CBR400Fはホンダ最後の空冷スーパースポーツとして各社の水冷勢に対抗していたが、1986年7月に後継のCBR400Rへとモデルチェンジされました。







アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/3979-0649d0a4