NASAのDNA レトルトカレーといえば 「ボンカレー」 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

NASAのDNA レトルトカレーといえば 「ボンカレー」

ph_1.jpg

どこよりも早く、日本で誕生したレトルトカレーがお馴染み「ボンカレー」です。 

1968(昭和43)年に阪神地域限定で発売されました。1個80円で売り出されたレトルトカレーは、世界初となる市販レトルト食品でした。
レトルトとは高温殺菌釜を意味し、袋状の容器に密閉し、高温高圧で殺菌する保存技術の事をいいます。
1950年代から米国で研究が始まり、その後NASAがアポロ計画で宇宙食にレトルト技術を採用したことから多くの食品メーカーがこの技術に着目。

そんななかいち早く商品化に成功したのが日本メーカーだったのです。当時、カレー粉やカレー缶詰の普及が進み、メーカー間の競争が激しくなっていた中、他社と違ったカレー商品を作りたいという思いからレトルト技術に着目。

袋詰めで長期保存ができ、調理はお湯で温めるだけという、これまでにないカレー商品ができないかと考えたそうです。
レトルト釜もなければ包装材もないゼロからの開発からスタートし、2年後には販売にこぎつけたというから技術もさることながら、並々ならぬ熱意と努力があった事と思います。

今となっては当たり前の存在であるレトルト食品ですがNASAのDNAが流れていたんですね。




アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/3976-2671f759