今でもマニアの間で人気のゲーム機 スーパーカセットビジョン - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

今でもマニアの間で人気のゲーム機 スーパーカセットビジョン

エポック社によって1984年に発売された初代カセットビジョン。
発売以来、好調な売上を続け、累計40万台以上の売上げを記録しました。
これは当時の日本の家庭用ゲーム機シェアの7割を占める大成功なんです。

148005045.jpg

ところが、日本市場ではその後任天堂のファミリーコンピュータやセガのSG-1000など相次いで他社より次の世代のゲーム機が登場したため、カセットビジョンと他社機との性能差が大きく開く事となってしまうのです。
そこで誕生したのが、NECがハードウェア開発を担当して共同開発を行った家庭用ゲーム機 スーパーカセットビジョンです。
1984年7月17日に発売、本体価格14800円でした。

日本市場では1987年までに30タイトルのソフトが発売され、日本以外ではYENOよりフランスにてOEMで15タイトルが発売されました。
日本では一部の固定ファンに支えられ、ユーザーには「スパカセ」の愛称で呼ばれています。ちなみにエポック社での略称はSCVです。

カセットビジョンJr.(カセットビジョンジュニア)という廉価版ゲーム機も1983年に発売されました。価格は5000円(非ライセンス品を除く、ソフト交換型のテレビゲーム機では最安値)

後述のようにボリュームコントローラーなどが省かれており遊べるゲームは限られておりました。キー配置が変更されており、『パクパクモンスター』等のゲームが操作しやすくなっています。

アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!




ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/3943-438ef2b2