ソニー ハンディカム一号機 CCD-M8 1985年 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

ソニー ハンディカム一号機 CCD-M8 1985年

ハンディカムの歴史は、1985年に誕生した1号機「CCD-M8」から始まりました。

CCDM8_201611302249264f9.jpg


ちなみに「ハンディカム」とはハンディタイプのカムコーダーという語源だそうです。

ハンディカム一号機は相当革新的な製品で、カメラ一体型でなおかつ重量が1.1kgと、当時としては非常に軽量だったのです。
今でこそ小型軽量が当たり前ですが、当時は重量2kg超が一般的で両手で支えるか三脚などを使用するのが一般的な時代。
片手で持てて、しかも簡便化されており操作が簡単!! 爆発的なヒットを記録したそうです。

再生用に据え置き型8ミリビデオデッキも同時発売され、その愛称は「ウェルカム」でした。





アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/3924-4b2b087b