プラレールの歴史 タカラトミー 1959年誕生 - 札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ

プラレールの歴史 タカラトミー 1959年誕生

プラレールは、タカラトミーが販売している鉄道タイプのおもちゃです。
原型といわれるモデルの発売は1959年。今から50年以上前なのですね。
今でも子供に大人気のプラレール。子供の頃遊んだ人も多いのではないでしょうか。プラレールの歴史と懐かしの車両をちょっとご紹介してみます。


 プラスチック汽車レールセット(1959年発売)
 プラレールの原型と言われる「プラスチック汽車レールセット」。このおもちゃは手で転がして遊ぶスタイルで電池を入れるタイプではありませんでした。


cd5aafc0-d26f-4ca7-937c-e9b.jpg
電動プラ汽車セット(1961年発売)
プラスチック汽車レールセットが発売されて、わずか2年で電池を使って走る車両が発売されました。今のプラレールでも基本が3両編成というのはこの時代から変わらないそうです。



そしてプラレールに欠かせないのがレール。
このレール!!なんと50年間もサイズが変わっていないそうです。昔買ったレールでも現在売っているレールと連結できてしまうのです!50年間変わらないサイズを守っているプラレール。誕生時、曲線レールの直径を決める参考にしたのが、当時ほとんどの一般家庭にあった「ちゃぶ台」の平均的なサイズだったそうです。

88bff237-84d2-4903-80f7-463244439095.jpg



そちて、コチラが最新型のプラレール!!
スマホで運転!ダブルカメラ ドクターイエロー
607101465.jpg

車体に2つのカメラを搭載し、スマートフォンで映像を見ながら車両の操作ができる、ユーザーの夢が実現したプラレールです。
映像は録画もできるので、動画をSNS等でシェアして楽しめます。
さらに発売中の「ぼくが運転!マスコン北海道新幹線はやぶさ」と連動して、マスコンでのよりリアルな感触での操作も可能な大人も楽しめるすごいおもちゃです。



子供へのプレゼントを口実に購入を考えているお父さんも多いのではないでしょうか。

アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/3792-01d2ab0a