ゲームウォッチ/スーパーファミコンの本体、ゲームソフトを買取。 - 札幌 リサイクルショップ アレイズ 札幌駅西口店


スポンサードサーチ

ゲームウォッチ/スーパーファミコンの本体、ゲームソフトを買取。

ゲーム機本体、ゲームソフト(プレステ3、PSP、 ニンテンドー3DS、Xbox 360、Wii)、アニメDVD、アニメブルーレイを買取中です。

スーパーファミコンの本体買います♪♪(全て揃っていて黄ばみの無い状態は優遇!)
Super_Famicom_JPN.jpg



アレイズは他店では受け付けてもらえなかったゲームソフトも極力買取するように努力しております。

DSのソフトなら裸でも大丈夫です!!
人気ソフトなら特に遜色ないお値段でがんばります!!

是非、売れなかった人気ソフトをアレイズで買取させて下さい。


その他にも壊れて動かない、電源が入らないジャンクゲーム機本体も買取しております。


288_20130501152516.jpg

アレイズではゲーム機の強化買取をしております。
今月は1980年代に流行ったゲームウォッチの買取をがんばります!!

買取出来ない場合は・・・
□動作しない
□壊れている
以上の事が無ければ1円以上の買取査定はさせていただきます。


出来れば電池を100円ショップなどで購入していただき事前に動作確認していただければスムーズな買取査定が可能です

また、他にも継続してゲーム機のジャンクも買取しておりますのでよろしくお願いします。

ゲーム&ウオッチ(ゲームアンドウオッチ、GAME&WATCH)は、任天堂が1980年より発売した携帯型液晶ゲーム機(電子ゲーム、LSIゲーム)。CMなど一般での呼称は「ゲームウオッチ」。

任天堂開発による初の携帯型ゲーム機である。ゲームソフトは本体内のROMに書き込まれた「1ハード1ソフト」であり、その後のゲーム機のようにカートリッジ交換で様々なソフトを実行することはできない。タイトルの多くは、難易度が低めのGAME Aと高めのGAME Bの内どちらで遊ぶかを選択できる(一部例外あり)。この選択方法はファミリーコンピュータの初期タイトルにも使用されている。ゲームをしない間は時計として使え、これが商品名「ゲーム&ウオッチ」の由来である。後に、アラーム機能も付くようになった。
第1作は1980年4月28日発売の「ボール」。タイトルにはスヌーピー、ミッキーマウス、ポパイなど他社の人気キャラクターを採用したものもあった。手元で遊べる手軽さが受けて社会現象にもなり、日本での売り上げ総数は1287万個、日本国外では3053万個と、合計4340万個[1]。当時の任天堂が抱えていた莫大な借金を完済し、それでも黒字がでるほどの大ヒットを記録し、その黒字をファミリーコンピュータの開発に投資したことでも知られる。任天堂のテレビゲーム路線のきっかけを作ったゲームとも言え、任天堂の出石武宏や上村雅之らは度々「ゲーム&ウオッチは任天堂のゲームの原点」という発言をしている。
1983年にファミリーコンピュータが発売された事を境にブームは移行し、1985年2月発売の「ブラックジャック」を最後に日本での発売は終了したが、それとほぼ入れ違いで日本国外向けに開発が進められた。最後の作品は1991年10月発売「マリオジャグラー」。またアーケードゲームやファミリーコンピュータの移植版も開発された。1990年代に入ってから、日本国外のみ発売を含むタイトルが逆輸入版として日本で発売されたことがあり、一部の量販店などで輸入トイのような扱いで売られた例もあった[2]。
発売初期のテレビCMは、「いつでもゲームウオッチ、どこでもゲームウオッチ」というCMソングに合わせて商品で遊ぶ場面やゲーム画面が映し出され、最後に「マイクロコンピューターを使ったゲームウオッチ。ゲームをしない時はデジタル式クォーツ時計です」のナレーションが入るというものだった。






アレイズ 札幌西口店 0120-19-6228   
携帯からは→(011)219-6228


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。

最新版のアレイズホームページはこちら!!
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://areiz6sapporo.blog59.fc2.com/tb.php/3648-35e35314