札幌市内全域を出張買取 リサイクルショップのアレイズ


スポンサードサーチ
問い合せは↓↓↓
フリーダイヤル 0120-19-6228
★アレイズ楽天市場★

ホームページ作成ソフト BIND(バインド)製品の買取

ホームページ作成ソフト BIND(バインド)製品の買取


「できるだけ高く売りたい!!」というお客様の声に最大限お答えできる様、市場相場を徹底調査し可能な限り高値でお買取させていただきます。

法人様からのまとめ買いにも対応致しておりますので、ぜひご相談ください。

クラウド連携が画期的なホームページ制作ソフト『BiND10』。簡単さ&デザイン性に優れたBiNDなら、HTMLなどWebの専門知識がなくてもデザイナー顔負けのスマホ対応レスポンシブWebが作成できます。オンラインショップの作成も可能です。

BiND for WebLiFE 10 スタンダード Windows 解説本付き

BiND for WebLiFE 10 スタンダード Windows 解説本付き


BiND for WebLiFE 10 プロフェッショナル Windows 解説本付き

BiND for WebLiFE 10 プロフェッショナル Windows 解説本付き


BiND for WebLiFE 10 スタンダード Macintosh 解説本付き

BiND for WebLiFE 10 プロフェッショナル Macintosh 解説本付き


BiND for WebLiFE 10 プロフェッショナル Macintosh 解説本付き

BiND for WebLiFE 10 スタンダード Macintosh 解説本付き



BIND(バインド)製品 買取直通ダイヤル 0120-19-6228


BIND(バインド)製品に限らず、PC用ソフト全般をお取り扱いしております。
是非お気軽にお問い合わせください。

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



1995年 Windows95

1995年11月、Windows 95が日本で発売になりました。

リリース後、たった2年の間で、市場シェア70%を占める大ヒット商品となりました。


Windows95.png


使い勝手の悪い『Windows 3.1』から約2年。

グラフィカルユーザインタフェースが改善され誰にでも使いやすいOSは、多くの人々に受け入れられました。

マイクロソフトはWindows3.1までのMS-DOSからの完全脱却はかり、Windows 95は開発されました。

それまでのWindows3.1の窓というよりはドアのような本当のマルチタスクから遠く離れたOSをMacの使い勝手に近づけるべく、そして一般ユーザーに浸透させるためにWindows95の宣伝に多額の費用をつかいました。

最初はパソコン専門誌だけで特集や情報がリリースされていましたが、発売日が近くなると一般紙、テレビでも多く採り上げられるようになった。

Windows95の発売に関して特筆することとして発売日が有名です。

発売当日の午前0時ジャストに販売するということで、秋葉原を始めとする日本各地のパソコン専門店や量販店でカウントダウンイベントを大々的に行いました。

この様子はテレビなどで大々的に採り上げられているので記憶にある人も多いと思います。

当日は札幌でもパソコンショップが、午前0時ジャストのカウントダウンに向けて準備をしていました。

秋葉原などはWindows95の発売は、最大のチャンスだと言う意気込みでイベントを行っていましたので非常に盛り上がっていました(芸能人や著名人が多数参加)。

しかし、パソコンショップの店員も札幌ではそんなに盛り上がるのだろうかと、ちょっと半信半疑でした。

当時の札幌はパソコンショップの多くは大通とススキノの間に有りました。

普段、この辺りは深夜になるとそれ程多くの人は歩いていません。

しかし、この日は10時ぐらいから人数が多くなり、店舗の前で並んでいる人もいました。

販売がスタートすると次から次に来店してはWindows95を買っていきます。

それも、それまでパソコンを使っていた人とは明らかに違う人も多くいました。

今もiPhoneの販売などで若干同じようなことがありますが規模はまったく違います。

Windows95はOSとしては熟成されておらず、使い勝手などに改善が必要だったり、制約が多くて知識が必要だったりとパソコンに詳しい人でないとなかなか使い切ることの出来ないOSでしたがパソコンを一般的にした功績はどの商品やソフトより、そしてそれ以降に発売されたWindowsと比較しても断トツだったと思います。

Windows95はソフト的なことにとどまらず、日本では独占状態だったNECのPC-98シリーズをそれまで伸び悩んでいたDOS/Vに取って代わるきっかけにもなったと思います。

それまでパソコン御三家などといわれたNEC、富士通、シャープ以外のメーカーが多くDOS/V機を発売して性能の向上と低価格化がすすみ、パソコン販売台数は毎年異常な勢いで伸びていきました。

ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

1976年 日清食品 焼きそばU.F.O


たまに、食べたくなるものといえばカップ焼きそばもその一つです。

番好きなカップ焼きそばの銘柄についてアンケートをしても上位に入るUFOシリーズ。

日清焼そばU.F.O.

日清焼そばU.F.O. 明太子マヨ焼そば

日清焼そばU.F.O. 塩カルビ焼そば

日清焼そばU.F.O. 甘口コクうまソース焼そば

などのシリーズが販売されています。


その日清食品の焼きそばU.F.Oは1976年に販売されました。

販売されて今年でちょうど40周年になります。

記憶ではピンクレディーの出演するUFOのCMが印象に残っていますので、発売時期もピンクレディーのUFOをリリースした時期なのかと思いましたが、実際のCM時期は焼きそばU.F.Oが発売されて2年後になるようです。

201601201208025ee.jpg

焼きそばU.F.Oのネーミングの由来は、この頃のUFOブームも影響有ると思いますが実際は

「U=うまい」

「F=ふとい」

「O=大きい」

と日本語の頭文字からUFOと付けられたようです。

しかし、容器の形や「UNIDENTIFIED FLYING OBJECT」とパッケージにも小さく書かれているので、どちらが先は判りません。


1976年に発売した日清食品を代表するロングセラーブランドです。

昨年には中途半端な39周年記念商品としてソースが130%増量し商品の魅力をさらに引き出した「39周年特別限定品」を発売しました。

今年は40周年なので40周年特別限定品を販売すると思います。


ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

GARMIN などのアウトドア・キャンプ・登山用品の出張買取ならアレイズまで!!

fenix-5x-index.png

登山やフィットネス向けの製品の有名メーカといえばGARMINガーミン
ガーミンはゲイリー・バレル(Gary Burrell)と高民環(Min H. Kao)によって設立された会社であり、
ゲイリー・バレルのGar, 高民環のMinから社名をGarminとしている。

もとはカーナビゲーションではなく、軍人やハイカーに向けた製品がメインだったが、コンシューマ向けではカーナビが非常に有名で世界的に見た場合のシェアは50%にも達する。ユーザーの評価もトップレベルのブランドである。

日本国内では知る人ぞ知るといった形で圧倒的な知名度はないが登山に携わっている方には
有名でその需要も高い!!

そんなガーミン製品は高い需要のおかげで高価買取が実現します!!
ご自宅に不要なガーミン製品または買い替えをご希望の品はございますか??
アレイズではガーミン製品を中心にアウトドア・キャンプ・登山用品の出張買取を行っております。

小傷、スレ傷、状態の悪い品構いません、
付属品の欠品も可能!!
勿論新品も可能です!!!

GPS
GPSMAP 60CSx Colorado 300 eTrex Venture eTrex Venture HC eTrex Vista eTrex VistaHCx eTrex Legend eTrex Legend Cx eTrex Legend HCx ForeAthlete
カーナビゲーション
nuvi205 nuvi205W nuvi205W plus nuvi250 nuvi250 Plus nuvi360 nuvi900 nuvi1360 nuvi1460 nuvi1480 zumo660

そのほかにもアウトドア以外にパソコン機器・本・ゲーム・美容機器・電子機器等も合わせてお買取!
出張買取をご希望のお客様はお早めにお問い合わせください!!


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



1974年 ローラースルーGOGO

ffd6d6107e73722a327f7c03271ca345.jpg

プラスチックの車輪にソリッドラバータイヤを着けており、ブレーキレバー

を握ると後輪のタイヤ表面に鉄のパッドを押し当てて制動するという

スケートボードを乗りやすくした様なおもちゃ。

商品名の「ローラースルー」は「通り抜ける」の意味を込められた造語

であり、「GOGO」は軽快な乗り心地、当時流行のゴーゴーダンス、

5,500円の本体価格(「五」が二つ)にちなんで付けられてたそうです。

最盛期には月産10万台のヒット商品となり、1974年の発売以来100

万台が生産されました。 後の1976年に起こった交通事故に起因し、

社会的圧力により製造を終了しました





ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



1970年代 アンプはコンポーネント化しハイパワーに

1960年代のステレオは一体型が主流でした。

1970年代に入りステレオシステムは機能的に独立したコンポーネントスタイルに移行していきました。

それぞれプレーヤーやチューナーなども発展していきましたが、最も特徴的なのがアンプでした。

それまでチューナーと一体型だったアンプが独立したことにより、より洗練されたスタイルと多岐にわたるスイッチング機能など機能面を調和させた進化をしていく。

1970年代は各メーカーが次々と新製品を発表していきました。

SA-6300.jpg
TX6300.jpg


1974年5月に発売。

大ベストセラーになったパイオニアのプリメインアンプSA-6300(発売当時29.800円)と

チューナーTX-6300(発売当時24.800円)


au-607.jpg

発売以後長期間にわたって販売された超ロングセラー

1976年発売 サンスイのAU-607


ka-7300-h2.jpg


1975年発売のトリオ KA-7300プリメインアンプ

2電源方式が特徴

AU999.jpg
TU-999.jpg


1970年発売

サンスイのプリメインアンプ AU-999とチューナーTU-999

ブラックパネルが当時としては斬新

トリプルトーンコントロールを採用


当時の海外アンプで名機といわれるマランツやマッキントッシュの目標に高級アンプが数多く販売されたのも1970年代の特徴になります。

トランジスタの技術の発展などにより国産メーカーはあっという間に世界的なオーディオブランドメーカーになっていきました。

SE-A1.jpg
su-a2.jpg

Technics SE-A1
\1,000,000(1977年11月発売)

A+級動作により低歪とハイパワーを実現したステレオDCパワーアンプ。

テクニクスが開発したA+級増幅方式が採用しています。

A級アンプは増幅素子の直線部分を信号のフルサイクルで使用しているため、スイッチング歪やクロスオーバー歪が原理的に存在せず音質的なメリットがあります。

350W×350W

Technics SU-A2
\1,600,000(1977年11月発売)

ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

ドンペリ高価買取致します!!

Microsoft_20180623173357c3a.jpg

ドンペリ高価買取致します!!

ドンペリゴールド、P2・P3、エノテークプラチナ、アレイズでは毎日多数のドンペリを高価買取しております。
全国より送料無料の宅配買取、出張買取(札幌市内全域)にて対応させていただきます。
事前査定・本査定ともに手数料等はすべて無料でキャンセル料も一切かかりません。

ドンペリ以外の高級シャンパン、その他のお酒も高価買い取りいたします。
ドンペリのご売却は是非アレイズにお任せください。

製造年代、箱・ラベル・ボトルデザイン、保管状態、箱・替栓・冊子など付属品の有無、相場等により金額は変動します。
最新買取価格はお電話・メール等にてお問い合わせください。

domperignon-kind01_201806231712328c7.png

ドン・ペリニヨン ヴィンテージ(ドンペリ白、ドンペリホワイト)

一般的にドンペリと言えば広くこれを指します。ドンペリの中では最も手頃なモデルです。とはいいましても7年以上の熟成を経て造られている為、ヴィンテージ・シャンパンの中は別格です。
買取相場価格は概ね6000円前後となっています。


domperignon-kind02.png
ドン・ペリニヨン ロゼ・ヴィンテージ(ドンペリロゼ、ドンペリピンク)

ドンペリロゼはピンクのドンペリなので、"ピンドン"などとも呼ばれまています。ドンペリ白よりも甘口で飲みやすい仕上がりになっているのが特徴です。熟成期間は8~10年程度。特級畑のピノ・ノワール種が特に出来の良い年しか造られない為、ドンペリ(白)よりお値段も高価になっています。
買取相場価格は概ね15000円前後となっています。

domperignon-kind03.png

ドン・ペリニヨン P2(ドンペリ黒、ドンペリブラック)

ドンペリP2(旧:ブラック)は、15年以上熟成されて造られています。通常のドンペリよりも熟成期間が長期間に渡るため希少で高価なドンペリとなります。3度に渡る熟成のピーク期(飲み頃)の中で2度目のピークにあたるものがこちらの「ドンペリ P2」となっています。
買取相場価格は概ね18000円前後となっています。

domperignon-kind05.png
ドン・ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ(ドンペリゴールド)

熟成期間20年以上の木箱に入った特別なドンペリです。ラベルがゴールドに近い色なので通称"ドンペリゴールド"と呼ばれます。
買取相場価格は概ね40000-50000円前後となっています。


ドンペリ 買取直通ダイヤル 0120-19-6228


ドンペリ以外の高級シャンパン、その他のお酒も高価買い取りいたします。
是非お気軽にお問い合わせください。

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!




テリー伊藤さんは乗り継いできた愛車も個性的!! 

ワイドショーやニュース番組でコメンテーター、バラエティ番組ではタレントとして、幅広く活躍しているテリー伊藤さん。

所ジョージさんと並ぶ程、芸能界を代表する車好きでも有名なんですよね。
まずはその驚くべき愛車遍歴一覧をご覧ください。

20歳 マツダ ボンゴ   21歳 トヨタ カリーナ   24歳 フォルクスワーゲン ビートル   30歳 サーブ 900   33歳 ホンダ シビック   35歳 三菱 パジェロ   38歳 日産 Be-1   39歳 サーブ 900 カブリオレ   39歳 ポンティアック グランダム   40歳 マツダ サバンナ RX-7   41歳 日産 サニートラック   41歳 ポルシェ 911 カレラ4   42歳 ホンダ ビート   43歳 ロールス・ロイス シルバーシャドウⅡ   43歳 スズキ カルタス コンバーチブル   43歳 三菱 ジープ   44歳 アルファ ロメオ スパイダー   44歳 VW 181   45歳 モーク   46歳 デイムラー ダブルシックス   46歳 ビュイック リーガル   47歳 スズキ ジムニー   47歳 トヨタ スターレット   47歳 トヨタ セラ   47歳 メルセデス・ベンツ Cクラス   48歳 キューベルワーゲン   48歳 いすゞ ベレット   49歳 モーガン4/4   49歳 フォルクスワーゲン ニュービートル   50歳 プジョー 206 RC   50歳 メルセデス・ベンツ Eクラス   50歳 スマート   50歳 ジープ ラングラー   51歳 ダイハツ ネイキッド   51歳 トヨタ MR-S   51歳 シボレー アストロ   51歳 フォード ランチェロ   51歳 フォード フェアレーン   51歳 プリマス ビジネスクーペ   52歳 シボレー コルベット   52歳 ランドローバー ディスカバリー   53歳 ベック550 スパイダー   53歳 三菱 パジェロミニ   54歳 ハマー H1   54歳 ジープ チェロキー   54歳 トヨタ プロナード   55歳 日産 エクストレイル   56歳 アウディ オールロード クワトロ   57歳 三菱 ランサーエボリューションワゴン   58歳 トヨタ ウィンダム   60歳 BMW 530i ツーリング   60歳 EMPI imp   62歳 トヨタ FJクルーザー

すんごいですね~。一年に5台も6台も購入できる経済力も凄いですが、そのチョイスも個性的で素敵です。
中でも気になった数台をちょっとご紹介。

テリー伊藤さん44歳の時の愛車 フォルクスワーゲン・タイプ181
teri-1.jpg

タイプ181、通称クーリエワーゲンは、元々フォルクスワーゲンが開発した軍用車両です。
市販車はアメリカでは「シング」イギリスでは「トレッカー」メキシコでは「サファリ」と呼ばれています。

タイプ181のエンジンには、フォルクスワーゲン タイプ1ビートルに由来する水平対向4気筒の1.5Lまたは1.6Lエンジンを搭載し、プラットフォームやトランスミッション等も、タイプ1を基にした部品を使用しています。

テリー伊藤さん60歳の時の愛車 EMPI imp
teri-2.jpg

impは、アフターマーケットメーカーのEMPI社がかつて販売していたバギーです。
1963年にブルース・メイヤーによって、フォルクスワーゲン社製のシャーシをベースに「MEYER MANX」として誕生しました。
その人気にEMPI社が目を付け、1966年に「EMPI imp」として市販されたモデルです。

その高いカスタマイズ性や独特の乗り味は現在でも根強い人気がある車両です。

今回紹介した愛車は、ほんの一部のみでしたが、そのどれも個性的な車ばかりですね。
プロデューサーや評論家、コメンテーターなど、様々な顔を持つテリーさんは、感性も人並み外れているのでしょう。
これからもどんどん個性的な車を乗り継いでいってもらいたいです。

そんなテリー伊東さんの今後の活躍も益々楽しみです。

201511_4.jpg

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



ワイルドスピードのユーロミッションにも登場!! フォード・エスコートMK1

1970-Ford-Escort-RS1600-MK1-1.jpg
1970年ワールドカップラリーにて、ハンヌ・ミッコラが優勝したことで一躍有名となった車がフォード・エスコートMK1です。
国産車の傑作「日産・ハコスカ」にも通じる無骨ないい顔をしていますよね。

映画「ワイルドスピード・ユーロミッション」でも登場していましたので記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

一見すると、普通の小型セダンに見えますが、当時のアメリカで流行っていたコークボトル・ラインのスタイリングが特徴的なエスコートMK1。

フロントエンジン後輪駆動、いわゆるFR方式で、リーフ式サスペンションの後輪固定軸シャーシとなっています。

フォードの中でも欧州部門が生産していたという、あまりアメ車らしくないスタイルのアメ車です。
地味な印象の小型車ですが近年じわじわと人気が上がっているようです。

現在の中古車価格の相場はだいたい280万円くらいからな感じですね。
なかなか出物は無いですが・・・。

1974-FORD-ESCORT-MK1-5.jpg

1974-FORD-ESCORT-MK1-6.jpg

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



液晶テレビやプラズマテレビ,ブルーレイレコーダーの買い取りなら札幌AREIZまで!

imgrc0071861574.jpg



比較的新しい液晶テレビやプラズマテレビなどの家電は製造より5年以内の商品が一般的には買取対象と言われておりまが、アレイズではコンディションを考慮して、製造より10年以内の液晶テレビを買取対象としております。
またブルーレイレコーダーなども同時にお売り頂くと査定額をUP致します。

ご自宅のテレビの買い換えをご検討ならぜひお売りに出すことをおすすめします。
人気メーカーの液晶テレビや処分予定の液晶テレビ、まずは一度アレイズにご相談下さい。

コキズや汚れのある中古品のお買取はもちろん
新品商品もお買取対象!!

買い取りメーカー参考はこちら!
◆シャープ ◆パナソニック ◆東芝 ◆ソニー ◆三菱 ◆日立 ◆オリオン ◆ツインバード ◆ユニデン ◆ハイセンス ◆LG ◆モーション  ◆アイ・オー・データ ◆三洋電機 ◆バイデザイン ◆カシオ ◆プラスマイナス 、4Kテレビなど人気のメーカーを多数買取りしております。※上記以外のメーカーも高価買取中です。

テレビの高価買取は
40インチ以上で大きなもの
プラズマテレビよりも液晶テレビ(型番にPが入っているとプラズマテレビです)
国産メーカーでも、東芝・SONYなどが人気
HDDや3Dなどの機能が内蔵されている物
リモコン・保証書・取扱説明書などが揃っている物
黒・グレーよりも赤・白・ピンクなど色がついているもの
などが高価買取対象になります!!

テレビ周辺機器もお任せください。
液晶テレビ、プラズマテレビなどの周辺機器も同時に買取をしております。
ブルーレイレコーダー、HDDレコーダー、DVDレコーダー、ホームシアターセット、スピーカー、プロジェクター、5.1chスピーカーシステムなどなど、幅広く買取しております。


アレイズ 大型テレビ 買取直通ダイヤル 0120-19-6228   

ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



1970年代 デザイン定規 スピログラフ 


プラスチックの定規の大きな円の中に、付属の小さい歯車を置いて歯車の穴にペンを差し込み(写真左)、グルグル回すと一筆書きで色々な曲線が描けます。


1970年後半に流行ったと思います。

201505161209553f7_20180612094325805.jpg


もちろん定規なので普通に使えるのですが、定規は他にありますので使っていなかったと思います。

歯車の形状や鉛筆を差す穴の位置によって書ける模様がまったく違いました。

色鉛筆を使うとカラフルな模様になります。


20150516120959e46.jpg

この模様はきれいなのですが特に何かに使えるわけではありません。

一通り試して、いろいろな模様を書くとすぐあきます。

そして、時間がたって忘れた頃にまただして書き始めます。

デザイン定規 スピログラフが初めて発売されたのは1960年代後半に英国になります。

文房具屋さんで販売されていたと思いますが、イメージとしてはお祭りの出店で売られていたのをよく見かけていました。


ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



2003年 甲虫王者ムシキング

甲虫王者ムシキングは、セガによるトレーディングカードアーケードゲーム。

通称「ムシキング」。2001年に開発を開始、2003年にアミューズメント施設に登場しました。

2003年1月21日よりアミューズメント施設に登場し、2007年11月時点での累計出荷枚数は4億9800万枚となっていた。

内容は外国からやって来た巨大甲虫とカブトムシやクワガタムシが戦うというものだが、単純なように見えてシナリオは非常に奥深い。

バトルはどれもこれも現実の甲虫では絶対に出来そうにないような必殺技のオンパレードであり、後のアーケードゲームを大きく変化させた。

ムシキングは幼稚園から小学校低学年の男児を中心にヒットし、ブームを巻き起こした。ゲームセンターでは置かれていない店はないと言えるほどに普及し、ゲーム化、アニメ化、劇場映画化、漫画化までされた。

ムシキング


TVアニメ『森の民の伝説』


mushikinngu 1


2005年から2006年までテレビ東京系列にて放送された。

人気トレーディングカードゲームを題材にしたアドベンチャーアニメ。

不思議な力を持つ少年・ポポと甲虫の王者・ムシキングが、迫り来る異変から森を救うために冒険の旅に出る。

平和な森に異変が起きた原因を調べるため旅立った父ペレの帰りを待ちわびていた 森の民の少年ポポ。

森の異変は、ポポの母ピアまで変えてしまう。

父ならば、母を助ける手がかりが分かるかもしれない。

ポポは父に託されたドングリ型のペンダント「守護者の証」を胸に、父を追って旅立つ。

旅の途中、ポポが持つ「守護者の証」を狙って、森の破滅を願うアダーと手下たちが、赤い目の甲虫を操りポポを襲撃するが、そのたびに何処からともなく巨大なカブトムシ「ムシキング」が現れポポを護る。


ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

パナソニック/ケンウッド/JBL/BOSE/SONY/ビクターなどのオーディオ機器、ヘッドホン、イヤホンを札幌で出張買取ならアレイズまで!

audio01.jpg


使わなくなって眠っているオーディオや新しいオーディオが欲しくて売却を検討されているお客様は是非一度アレイズへ、ご相談ください。皆様が大事にしてきたオーディオを次のオーナーへ“つなぐ”お手伝いをさせてください。
買取専門員による「出張買取」のをご用意いたしております。

スピーカー、パワーアンプ, プリアンプ、真空管アンプ, オーディオ機器各種の買取を
お考えのお客様は是非アレイズにご相談ください!

中古品、小傷、汚れ、付属品欠品がございましても買取対象!!
もちろん新品も買い取らせていただきます。


買い取りメーカーはこちら!!

Victer ビクター
映像機器・音響機器・記録メディアを主製品とするメーカー。日本法人のVicter(ビクター)は蓄音機の販売から始まり、現在はテレビ、ビデオ、音響機器、光ディスク等の研究・開発・製造・販売を行っています。

SONY ソニー
SONY(ソニー)は大手の電子機器・電機メーカーである。音響・映像機器では世界屈指のブランド力を持っている。「ウォークマン」もソニーのサブブランドです。

BOSE ボーズ
BOSE(ボーズ)は、アメリカに本社を置くスピーカーを主とした音響機器メーカー。アメリカではトップのシェアを誇り、プロやハイ・ユーザーから高い支持を受けています。

JBL
JBL(ジェイビーエル)は1946年に設立されたアメリカ合衆国カリフォルニア州ノースリッジに本拠地を置く世界有数のスピーカー製造会社です。JBLのスピーカーの特徴は、ドライバーが軽く高効率であり、大型の低音用のドライバーを有していることです。

Marantz マランツ
Marantz(マランツ)は、かつて存在した音響機器・映像機器・通信機器メーカーである。2005年にディーアンドエムホールディングスと合併しました。現在は、映像機器やAVアンプへの取り組みを強化している一方で、本業のオーディオ機器でも専業メーカーとしてのこだわりを感じさせる製品作りでオーディオファンを唸らせています。

AudioTechnica オーディオテクニカ
AudioTechnica(オーディオテクニカ)は、日本の音響機器・映像機器メーカー。マイクロフォン、ヘッドフォン、AVアクセサリーを製造していています。マイクロフォンは、オリンピックやグラミー賞、サマーソニックなどの国内外のイベントで採用実績を持っています。

TEAC ティアック
日本の音響機器メーカーの老舗。TEACブランドの他に、民生用高級音響ブランドとして「エソテリック(Esoteric)」、業務用音響ブランドとして「タスカム(Tascam)」も使用しています。テープデッキ、テープレコーダーに人気があり、スピーカーで有名なイギリスの「タンノイ」の代理店にもなっています。

ONKYO オンキヨー
ONKYO(オンキヨー)は日本の音響機器メーカーです。読み方は「オンキョー」だが、社名表記は「ヨ」が大文字となっています。車載用スピーカーではOEMを含めてトップシェアを誇っています。東芝の薄型テレビ「REGZA」の一部にオンキヨー製のスピーカーが使われ、携帯ゲーム向けスピーカー、PC、パチンコ台などのサウンドカードも手がけています。

Luxman ラックスマン
Luxman(ラックスマン)は、日本の音響機器メーカーです。アンプ等のオーディオ製品において強いブランド力を持っていて、その音は俗に「ラックストーン」と呼ばれています。

Panasonic パナソニック
Panasonic(パナソニック)は、日本を代表する電機・家電メーカーです。旧社名は「松下電器産業株式会社」です。
ミニコンポ、ヘッドホン/インサイドホン、ミニスピーカー、ホームシアターシステムなど、オーディオ製品も製造・販売しています。

KENWOOD ケンウッド
KENWOOD(ケンウッド)は家庭用オーディオ機器、カーマルチメディア機器(カーオーディオなど)、無線通信機器のメーカーです。
オーディオブーム全盛期には山水電気、パイオニアと並び「オーディオ御三家」とされていました。2001年初頭にデジタルオーディオプレーヤー市場にWMAフォーマット対応のCDプレーヤータイプで参入をしました。

YAMAHA ヤマハ
YAMAHA(ヤマハ)は、楽器・スポーツ用品などを手がける日本のメーカーです。ピアノ製造をはじめとする国内トップブランドであり、質の良さから海外でも非常に知名度の高いブランドになっています。主な製品として、グランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトリックピアノ(電子ピアノ)、サイレントピアノ(電子ピアノ)があります。

Roland ローランド
日本の大手電子機器メーカー。Roland(ローランド)は、ブランド名としても楽器全般(シンセサイザー、楽器用アンプなど)に広く使用されています。他に、エフェクター、ギター・ベース周辺機器、チューナーなどのブランドとしてBOSSがあります。

DENON デノン
DENON(デノン)は、ディーアンドエムホールディングスの音響機器ブランドカンパニーの1社です。主にホームシアター向けの音響機器、ミニコンポ、Hi-Fiコンポーネント、電子楽器を製造・販売をしています。最近ではCDJなどのDJ向け機器メーカーとしても世界的に知られてるようになりました。

Harman ハーマン
Harman(ハーマン)は、オーディオ機器などを製造・販売するアメリカの企業。オーディオブランドとして、JBL、harman/kardon、Infinity、Mark Levinson、Lexicon、AKG、Studer、Soundcraft、CROWN、 dbxなどを所有していています。スピーカー、CDプレイヤー、DVDプレイヤーなどが、JBL、harman/kardon、Infinityなどのブランドで製造されています。

TOA
TOA拡声放送機器、通信機器、音響機器、映像機器等の電子、電気機械器具の製造、販売しています。業務用の音響機器とセキュリティ機器の専門メーカーです。音響機器はPA/SR/拡声などの設備音響、セキュリティ機器は監視カメラなどの映像機器を中心とした防犯装備を製造しています。“TOA”とは旧社名の東亞特殊電機株式会社でのブランドネーム“トーア”が語源とされてます。

TakeT
スーパーツィーター、WHD、ヘッドフォンの開発、販売メーカーです。

出張買取はその場でお買い取り即現金買い取り!
オーディオ以外にもパソコン機器、本、ゲーム、アウトドア品、美容機器など
様々な商品もお買取対象になりますので是非アレイズをご利用ください!!





ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

1980年 戦国自衛隊



歴史は俺たちになにをさせようとしているのか

というキャッチコピーが上映当時CMやポスター、予告編で流れていました。

この頃の角川映画は印象に残るキャッチコピーが多いのですが、これもその1つです。

20150429120154c29.jpg


自衛隊の演習に向かう途中で突然タイムスリップに合い400年前の戦国時代に

タイムスリップした原因も当然判らないまま戸惑う自衛隊員の前に長尾景虎(上杉謙信)が登場したちまち意気投合。

行動を共にします。

燃料の補給や当時の道路事情は

原作ではもう少しつっこんで書いていましたが、映画では時間がないため完全無視。

戦国自衛隊は設定自体は無理がありますが、そんなことは関係なくタイムスリップした自衛隊員一人一人にスポットを当てて人間群像としての描き方に魅力があります。

千葉真一さんや渡瀬恒彦さん、夏八木勲さん、その他の出演者もオールスターキャスト出演の角川映画全盛期の一本。

この映画のクライマックスは武田騎馬隊との戦闘。

普通で考えたら近代兵器の前に勝負にならないと考えますが、事前に情報をつかんでいた武田信玄は対抗策をたてて戦います。

忍や罠、ゲリラなどで自衛隊員は次々に倒されていきます。

このままでは全滅するという時に伊庭義明三尉(千葉真一)は第4次川中島の戦い上杉謙信ように武田信玄の首を求めて武田本陣に単騎で斬り込みを行います。

見事、武田信玄を討ち取って勝利します。

からくも戦いに勝利しましたが、仲間を失い、武器弾薬もほとんど使い果たした状態で、たぶん京都の設定になると思いますが寺に着きます。

そこに軍勢を引き連れた上杉謙信がやってきます。

生き残った自衛隊員たちを待つ衝撃のラスト。

原作では最後のつじつま合わせのような説明が入りますが映画ではそういった説明はありません。

最初から最後まで余計な説明をせず、物語を突き進んでいくのは爽快です。

「戦国自衛隊」のテーマ曲、エンディングの「ララバイフォーユー」

ちなみに映画を撮影当時、札幌で極真空手の大会がありました。

千葉真一さんがゲストとして来場されましたが、ロケから直接きました。と言って映画のカッコそのままで登場していました。


ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

1958年 ホンダ スーパーカブ C100



1958年に発売されてから2012年にフルモデルチェンジをするまで50年以上も基本設計が変わらなかったホンダのスーパーカブ。

同じバイクとしては驚異的な累計販売台数8700万台以上。

スーパーカブの特徴として最も有名なのが、その驚異的な低燃費です。

それ以外にホンダの創業者 本田宗一郎のコンセプトが様々な部分に反映しています。

スーパーカブのコンセプトができたのは1955年前後。

1955年前後と言えば本田宗一郎がマン島TTレース」などを視察するために、度々ヨーロッパを視察していた時期です。

当時のオートバイはヨーロッパが主流でイタリアのトップクラスのマシンの性能は想像していた3倍のパワーで走っているような状態でした。

しかしマン島からの帰途、ヨーロッパ各国を歩き、さまざまなメーカーを見学して、日本では手に入らないレース用品を買い集めるなど、自社のレーサーのレベルアップを図っている中でスーパーカブのコンセプトも固まっていったと考えるとおもしろいと思います。

スーパーカブのコンセプトは

実用的で強力なエンジン。

出前持ちが片手で運転することができるほど軽くて操縦性に優れている。

販売価格が安く、維持費もかからない。

その様なコンセプトを元に1年8ヶ月の開発期間を経てスーパーカブC100が完成します。

2015112611250628a.jpg

スーパーカブC100は4ストローク 50cc OHVエンジンを搭載。

50CCながら4.3PSをだすエンジン。

自動遠心クラッチの採用やステップスルーによる使い勝手の良さや樹脂パーツによる軽量化等、による操作性の向上。

それまでの欧米スタイルのモペットとは違う性能やスタイルは独自性のある実用車としてベストセラーとなりました。

当時の価格は55000円になります。

ちなみに今のスーパーカブの価格は179.000円なので物価等を考えると同じかもしくは安くなっています。

初代スーパーカブC100は1966年にスーパーカブC50にモデルチェンジをするまで5,409,829台を販売しました。

スーパーカブC50のモデルチェンジの内容はSOHCエンジンに変更し、静粛性を高めて耐久力の向上と馬力は0.3PS多く、4.8PSになりました。

1982年にはスーパーカブ スーパーデラックスになります。

外観の変更はライトとウインカーがそれまでの丸形から角形に。

燃費は150km/lに向上したのに馬力は5.5PSに。

1988年にはプレスカブ50に

新聞配達に特化したモデルなのでフロントバスケットを装備し、リアキャリアも大型化し積載量が向上。

安全に配慮してメインのライトの他に新聞をフロントに積んだときにライトが妨げられないようにフロントバスケットの前にもサブ用のヘットライトが装着されています。

ホンダのスーパーカブは地味だけど偉大なオートバイです。




ランキング参加中なので応援お願いします。
  人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。 最新版のアレイズホームページはこちら!!

全国の銘酒 日本酒の買取 出張買取のアレイズ

Microsoft_20180702001516ce7.jpg

日本酒の買取

アレイズでは高木酒造のプレミア日本酒「十四代」を始めとして、黒龍しずく、磯自慢、獺祭磨きその先へ、菊姫菊理媛、田酒、飛露喜、蓬莱泉、〆張鶴、久保田萬寿、賀茂鶴、而今、勝駒、鍋島、醸し人九平次、越乃寒梅、龍力、天狗舞、八海山、北雪、山川草木、客人、梵 超吟、などなど、書ききれませんが多くの高級日本酒をお買い取りしております。

日本酒には賞味期限がございますので、お飲みにならない場合はお早にご売却ください。

全国より送料無料の宅配買取、出張買取(札幌市内全域)にて対応させていただきます。
事前査定・本査定ともに手数料等はすべて無料でキャンセル料も一切かかりません。

製造年代、箱・ラベル・ボトルデザイン、保管状態、箱・替栓・冊子など付属品の有無、相場等により金額は変動します。
最新買取価格はお電話・メール等にてお問い合わせください。


日本酒はお米を削る割合や原料等の違いによって8つの等級に分けられています。
純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、特別純米酒、特別本醸造酒の8つですね。

有名な銘柄の高木酒造の十四代(じゅうよんだい)は、最上級の純米大吟醸酒になります。

十四代 純米大吟醸 白雲去来 720ml
買取相場価格は概ね7000円前後となっています。

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 720ml
買取相場価格は概ね27000円前後となっています。

十四代 純米大吟醸 酒未来 720ml
買取相場価格は概ね3000円前後となっています。

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰 1800ml
買取相場価格は概ね14000円前後となっています。

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 おりからみ 1800ml
買取相場価格は概ね3000円前後となっています。

十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町 1800ml
買取相場価格は概ね17000円前後となっています。

十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町 1800ml
買取相場価格は概ね17000円前後となっています。

十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山 1800ml
買取相場価格は概ね17000円前後となっています。

十四代 大吟醸 播州山田錦 720ml
買取相場価格は概ね13000円前後となっています。

十四代 大吟醸 黒縄 720ml
買取相場価格は概ね10000円前後となっています。

十四代 大吟醸 黒縄 1800ml
買取相場価格は概ね25000円前後となっています。


日本酒 買取直通ダイヤル 0120-19-6228


日本酒以外のお酒も高価買い取りいたします。
是非お気軽にお問い合わせください。

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



覚えてますか? 持ち運び出来ちゃう原付き ホンダ・モトコンポ 

motokonpo1.jpg

覚えてますか? ホンダ・モトコンポ (HONDA MOTOCOMPO) 。
本田技研工業が販売していた持ち運びが出来る排気量50ccの原付自転車です。
車名は「モータバイク=モト」と、当時流行っていたオーディオの「コンポ」を合わせ、「持ち運びのできるモト」という意味なんだそうです。

これまた懐かしのコンパクトカー「シティ」のトランクルームに積めるというコンセプトで開発され、初代シティと同時発売でした。
当時の販売価格は8万円。
当初より四輪のシティと二輪のモトコンポを同時並行で開発しており、ユニークな試みとして注目されました。

キャンプ場やサーキットなどに自動車で移動した後、目的地で自由に行動する事を目的として開発されたんだそうです。
全長118.5cm、乾燥重量42kgと小柄で軽量の上、ハンドルとシートとステップは折りたたんで箱形のボディーに収納でき、シティのトランクルームに横倒しにして車載できるオートバイです。

実際モトコンポには横倒しの車載時の為に↑向きの注意を促すステッカーが貼ってありました。
2ストロークエンジン2.5PS / 5,000rpmを搭載。加速は同時期発売のロードパルと同程度、最高速は45km/h位でした。結構なものです。

走行中に縦・横・斜めへと揺れる車両のトランクに積載されるという前提があったため、開発は非常に難航したそうですが、新機構の塊として完成され、クリスマスシーズン直前に発売されました。
上下左右前後にそのままの絵が描かれたオシャレなダンボール箱入りで販売されたんですよ。

大変ユニークなバイクですが、売れ行きは今ひとつだったようです。
テレビCMイメージの影響で、シティの“おまけ”と思われていたためとも言われています。
それでも5万台以上が生産されましたが、1985年には生産を終了しました。

モトコンポは、そのユニークな特徴から、漫画やアニメなどに登場することが多く、生産終了後に人気が高まり、マニア層からは息の長い人気が続いています。特に漫画『逮捕しちゃうぞ』は、モトコンポの生産終了後の作品であるにもかかわらず、強い印象を与えました。

ちょっと調べてみましたが、ネットオークションなどでは当時の販売価格以上の値がつくことも多々ある様で、特に改造された高性能な車両は高価で取引されている様です。エンジンの非力さを克服する為、購入後に大幅な改造を試みる方も多いようですね。

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



世田谷ベースでもちょくちょく見かける清水圭さんの愛車 ダッジ デーモン340

先日たまたま通勤中に白ベースで黒のレーシングストライプが入ったダッジ デーモンを見かけました。
いい音を出してましたね。ホットロッド風にカスタムされていて超格好良かったです。

そーいえば清水圭さんもデーモンに乗ってたなー・・・なんてことを思い出したのでちょっと記事にしちゃいます。

e38387e383bce383a2e383.jpg

コチラの画像は世田谷ベースでもちょくちょく見かける清水圭さんの愛車 ダッジ デーモン340。
1971年式のいわゆるマッスルカーですね。モパーです。

綺麗にレストアされミッションもMTからATに載せ替えられてます。
おまけにパワステ、オートマ、クーラーまで搭載しており超快適仕様です。羨ましいですね。

ダッジ デーモンはプリマス・ダスターのディテールデザインを改めた兄弟車です。
ミドルサイズのアメリカンマッスルです。

デーモンといえばトライデントを持った悪魔の可愛らしいキャラクターマークも特徴です。
90baba89e8.jpg
エンジンは専用の340cu:in。
このパワーユニットは1971年の時点でも圧縮比10.3:1が維持されており、最高出力は275hp。素敵です。

ダッジ・デーモンは1973年モデルになるとその名を「ダート・スポーツ」と改め、特徴的な悪魔のエンブレムも姿を消してしまいました。
デーモンの名前が消滅したことに関して明確な理由は判っていませんが、もしかしたら「悪魔」が嫌われたのかもしれませんね。

c3063f133847b2dd34753a16b93.jpg


オマケ映像


ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



アブ・ガルシア の高価買取

Microsoft2.jpg

スゥエーデン発の、人気釣具メーカーであるアブ・ガルシア(ABU Garcia)。
釣具の総合メーカーとして、さまざまな釣具を世界各地で販売していますね。特にアブガルシアの主力製品であるリールの「アンバサダー」(Ambassadeur)シリーズは多くの釣りファンにとって、あこがれの一品です!

そんな人気メーカー アブ・ガルシアのリールをアレイズでは買取大募集中です。
アブガルシアから販売されている商品全般の買取に強いお店です。ロッドもリールも買取!!

納得行く価格で自分の釣具を売りたいという方は、是非アレイズをご利用ください!!


Abu Garcia / アブガルシア とは

Abu Garcia(アブガルシア)は、1921年にスウェーデンのスヴェングスタで創業した総合釣具メーカーです。 創業当初は懐中時計と電話度数計の製造会社でしたが、創業者の息子であるイエテ(Göte Borgström)が事業を引き継いだ後、元来の釣り好きであったイエテはそれを商売にしようと考えました。1952年には、現在でも看板商品であり続けており、「大使」を意味するリールの「アンバサダー」(Ambassadeur)シリーズ最初期モデル「No.5000」が発売されました。 1995年にピュアフィッシングに買収され、現在ではリールだけでなく釣竿やルアー、釣用アクセサリー類の販売も行っています。
生産国:スウェーデン

アブガルシア 買取直通ダイヤル 0120-19-6228

是非お気軽にお問い合わせください。

ランキング参加中なので応援お願いします。



 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!



1970年代 コカコーラなどの王冠

1970年代 コカコーラやファンタ、ペプシコーラの王冠

1960年にアメリカでは缶のコーラも販売されていましたが、日本では瓶が主流で栓抜きを使うタイプでした。

当時の王冠の裏にはイラストや写真などがプリントされていました。

王冠を取り外すと裏には薄くて白いゴムが付いていますが、簡単に外れます。

その下にキャラクターなどが描かれていました。

イラストや写真はスターウォーズなどの映画のキャラクターやスーパーカーのイラストなど当時流行したものが描かれていました。

王冠は開栓の際には傷が付かないように極力曲がらないように、細心の注意を払っていましたが、だいたい歪んでしまっていました。


スターウォーズのキャラクターが印刷されたファンタの王冠

20151104150630f62.jpg

1977年にスターウォーズが公開された際コカコーラとのタイアップで企画されたものです。

当時コカコーラを毎日飲んで集めたものです。






ランキング参加中なので応援お願いします。


 
人気ブログランキングへ  

ありがとうございます。
最新版のアレイズホームページはこちら!!